個人情報保護に関する取り組みについて

2005年4月1日より「個人情報の保護に関する法律」が施行されました。これに基づいて、復興大学災害ボランティアステーションでは、学生をはじめ、連携団体の皆さま等の個人情報の取扱いについて、「個人情報保護方針」を定めました。
当災害ボランティアステーションでは今後とも、個人情報の適正な管理と保護に努めてまいります。

復興大学災害ボランティアステーション個人情報保護方針

1 法令等の遵守
復興大学災害ボランティアステーション(以下「ステーション」という。)は、個人情報保護の重要性を認識し、業務上取扱うすべての個人情報については、関係法令、及び、その他の規範を遵守いたします。
2 個人情報の収集・利用・提供
ステーションは、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立すると共に、個人情報の収集、利用、提供においては、所定の規程に従い適切に取扱います。
3 安全対策の実施
ステーションは、個人情報の正確性および安全性を確保するため、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の予防に努めます。
4 権利の尊重
ステーションは、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対する開示、訂正、削除を求められ、また、その利用もしくは提供を拒否されたときは、社会通念や慣行に照らし合理的な範囲でこれに応じます。
5 委託先の指導及び管理
ステーションは、個人情報の取扱いを含む業務を外部に委託する場合は、個人情報の適正な取扱いについて適切な指導及び管理を行います。
6 ご登録いただいた個人情報の利用目的
・登録者へのボランティア募集やイベント提供等、各種案内、情報提供、連絡
・応募者情報を利用したボランティア保険加入手続き
・応募者情報の主催団体への提供

※上記利用目的及び法令により例外と認められた場合をのぞき、個人情報を第三者に提供しません。
復興大学災害ボランティアステーション部門 責任者
阿部 重樹
バックナビゲーション
ホームへ戻る